腸内フローラや腸内環境が健康のポイント

腸内フローラや腸内環境が健康のポイント

 

腸内環境 改善が望まれるお腹の腸内細菌のバランスが重要だ

 

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の健康効果について

皆さんが既にご存じのように、ヨーグルトには乳酸菌というものが含まれています。
この記事では、そんなヨーグルトに含まれている乳酸菌の、健康効果についてまとめていきたいと思います。
まず、乳酸菌と一言で表しても、その種類はとても多いです。
例を挙げると、「BE80株」、「BB536株」、「LB81乳酸菌」、「シロタ株」などがあり、このほとんどがヨーグルトに含まれているものなので、割となじみ深いかもしれません。
今例を挙げた乳酸菌にもそれぞれ特性があり、身体にどんな作用をするのかも様々です。
ここからは、具体的なヨーグルト名を挙げ、それに絡めながら、それぞれの乳酸菌の健康効果について説明していきたいと思います。
まず、先ほど例に挙げた「BE80株」が含まれているヨーグルトは「ビオヨーグルト」です。
このヨーグルトに含まれている「BE80株」は、生命力が高く、生きたまま腸まで届くことから「高生存ビフィズス菌」と呼ばれています。
生きたまま腸まで届いてくれるので、腸内環境を整える上でとても効果的といえる乳酸菌です。
続いての乳酸菌は「BB536株」で、この乳酸菌が含まれているヨーグルトは、森永の「ビヒダスヨーグルト」です。
この、「BB536株」という乳酸菌は、胃酸などの酸に溶けにくく、「生きてとどまる乳酸菌」と言われています。
この通称から分かるように、この乳酸菌は他の乳酸菌より腸に長い間とどまってくれるので、整腸作用の能力が高いといえます。
また、実験により、花粉症やアレルギー、様々な感染症にも効果があることが分かっているので、それらを予防したり緩和したいという方に大変おすすめです。
このように、乳酸菌と言っても様々な種類のものがあるということを分かっていただけたのではないでしょうか?
様々な乳酸菌があるということは、その効果も千差万別なので、自分に合った乳酸菌を摂取して、今よりももっと健康的な生活を送れるようにしましょう

更新履歴